TILLA ERATH BRIDAL

井上さまご夫婦

井上さまご夫婦

井上喬太さま 麻衣さま

名古屋出身の喬太さん、埼玉県出身の麻衣さん。最初は、お互いの共通する友人の結婚式場で顔を合わせただけのふたりは、式場での出会いから一年後、交際をスタートさせる。それは新郎新婦であった友人がふたりを引き合わせたからだ。

 

最初はメールから。「趣味はなんですか?」との喬太さんの質問に、麻衣さんの返信は「公園です」。 その意外な答えが面白くて、喬太さんは麻衣さんに興味が湧いたと話す。麻衣さんは喬太さんとメールでやり取りをしているうちに、「家族を大切にしている様子が伝わってきた。」そんな一面がとても印象的だったと話す。麻衣さんがメールで「公園」と答えたことから、ふたりは小金井公園で待ち合わせをした。

 

待ち合わせ場所で会った2人が最初に驚いたのは、お互いに同じブランドを着て来た事。偶然にも趣味が一致していたのだ。公園でバトミントンやフリスビーをし、そしてお互いの事を語り合った。あっという間に時間が過ぎていったという。「はじめて会ってこんなに話が合う女性は珍しい」と感じた喬太さん。麻衣さんも喬太さんをとても好印象に感じたと話す。その後何度か一緒に時間を過ごすうちに、喬太さんは結婚を前提にお付き合いを考えるようになったという。

そして、友達の結婚式の帰り、麻衣さんへ自分の気持ちを伝え、花束をプレゼントて交際がスタートした。 初めてのクリスマスは、昭和記念公園に花火を見に出かけた。喬太さんは、土地勘のない麻衣さんを連れ、車で送るそぶりをしながら、こっそり麻衣さんを驚かせようと、夜景の綺麗な場所へ連れていった。そして驚かせたのは夜景だけではなかった。席を離れた喬太さんは、サンタクロースの衣裳に着替え麻衣さんの前に登場。ポケットから指輪を取り出して「僕と結婚してください」とプロポーズをした。あまりに驚いて、走って逃げてしまったと笑いながら話す麻衣さんだったが、「宜しくお願いします」とプロポーズを受けた。

 

こだわりを持った2人だから、結婚指輪探しには沢山のショップを見て回った。最終的にたどり着いたのは、新宿の伊勢丹百貨店で見つけたティーラ・アースの指輪だった。「とにかくデザインが可愛くプライベート感があって良い。ミンサー模様のメッセージ性に惹かれました」と選んだ理由を語るふたりは、昨年9月、石垣島のティーラ・アースを訪れた。「石垣には縁もゆかりもないけれど、この指輪をきっかけに縁を作ろうと思いました。」指輪も石垣島で開けようと、一ヶ月封を開けずに待っていたという。

喬太さんは麻衣さんの、笑顔が可愛くて、良く笑い良く怒るところ、家族を大切にするところが好きだという。麻衣さんは喬太さんの信頼できるところ。と素直なところ、なんとなく一緒に居やすいところが好きなところだと答える。「20年後は子供とお揃いのアクセサリーを求めてティ-ラ・アースへ来たい、40年後は今と変わらず仲良しな老夫婦になっていたい。」と語るふたり。

 

ティーラ・アースで開封した指輪をきっかけにして繋がった石垣島との縁。その瞬間に立ちあったスタッフ一同も感動した。

これからも石垣島へ沢山の思い出を作りに遊びに来て下さい。

TILLA EARTH ブライダルリング
取扱店のご案内
TILLA EARTH facebookページ