TILLA ERATH BRIDAL

金城さまご夫婦

金城さまご夫婦

金城均さま 沙織さま
那覇市 石垣市

二人が知り合ったのは3年前、お互いの職場の合同忘年会。くじ引きでひいた席で、隣合わせになった。沙織さんは人見知りをするタイプ。「彼がガンガン話しかけてきてくれたので、自然に会話が盛り上がったのがきっかけです」と話す。

 

均さんは那覇の出身、沙織さんは本島北部の出身。二人とも、石垣島へは転勤で来ていた。そんな共通点を持つふたりは、自然と親しくなっていった。転勤の地である石垣島は、新鮮で、ドライブに出かけたり、時にはバンナ公園を散歩したりと二人で度々出かけるようになっていった。そんな中、均さんが那覇へ戻る事が決まった。

 

均さんが那覇へ戻り、沙織さんは、均さんのところへ遊びに行くようになる。そして自然な流れともいえるように、出会って7ヶ月後に交際がスタートした。石垣島と那覇を行き来して、1ヶ月に2回のペースで会う交際。沖縄本島では買い物に出かけたり、ランチ、ディナーを食べに出かけた。

 

週末になると沙織さんは家から一歩も出ないタイプ。そんな沙織さんを心配して、気分転換にと、均さんは度々外へ連れ出した。

 

何十年経っても今と変わらない気持ちでいられる相手だと感じたという均さんは、10月の沙織さんの誕生日に、「結婚してください」とプロポーズをした。沙織さんの返事は「お願いします」と、即答した。一緒に居て安心できて、自然体でいられるところが良かったと話す沙織さん。

昨年の7月、二人の付き合いが始まった記念日に、二人は入籍をした。婚姻届けを提出した場所は石垣市役所。石垣島という二人が出会った場所にこだわったからだ。

そして、指輪もティーラ・アースで揃えた。ミンサー入りのデザインと、ミンサーに込められた『い(五)つの世(四)までもなかむつまじく』という思いに惹かれて・・・。と話してくれた。

 

均さんは石垣島に転勤で来ていた頃を振り返ると、海に泳ぎに行く事など、本島に住んでいた頃にはあまりしなかったようなことを楽しんだと話す。バラス島を訪れたり、西表島でカヤックをしたりと、沙織さんと沢山の思い出を作った。今は石垣島と那覇で離れているが、お笑いを撮りためたものをDVDに焼いて沙織さんに渡しているという。「寝る前に笑ってから寝てね」と、いつでも沙織さんの事を思いやる均さん。

 

「二人が出会った思い出の場所、石垣島で結婚指輪を作る事ができてとても幸せです。いつも笑顔でいっぱいの家庭を築いていきたいです。結婚10年目毎に『スイートテンダイヤモンド』を注文しに行きますので〜♪」というとっても嬉しいメッセージを残してくれた。

TILLA EARTH ブライダルリング
取扱店のご案内
TILLA EARTH facebookページ